初歩の初歩、htmlって何?

ホームページというと難しく聞こえますが、実際のところ、基本的な部分はとてもカンタンです。ホームページはhtmlという言語のようなもので記述されており、初歩的な内容を覚えるだけでもかなりのことができます。

タグを覚えてみよう!

htmlにおいて単語に当たるものを「タグ」と呼びます。このタグで該当の文章を挟むことで、ホームページ内のさまざまな表現が可能になるのです。例えば「font」というタグを使えば、任意の文字列の色や大きさを変えることができます。「table」というタグは図表を作るときに使うタグですが、デザインを整えることにも使えます。いくつかのタグを覚えるだけでも、ホームページの自由度は格段に上がるのです。

知らなくてもホームページは作れる

もっとも、htmlの知識が一切ない状態であってもホームページは作ることができます。作りたい内容を入力すれば自動でhtml化してくれる、そういったソフトが存在しているからです。このような、画面を直接操作できるソフトを使えば、誰でも今すぐホームページが作れてしまいます。
ただし、このタイプのソフトには一つだけ弱点があります。操作のたびに直接htmlを書き込むので、実際には使われないタグが大量に書き込まれてしまいます。閲覧するぶんには不都合は起こりませんが、データ量が増えて読み込みが遅くなってしまうのです。

ちょっとの勉強で大きな成果

そんなとき、htmlを少しでも覚えていたらどうでしょう。htmlはそれほど難しいものではないので、ちょっとの知識でも無駄な部分くらいはすぐに見分けがつきます。ほんの少し勉強するだけで、いらないタグを掃除することができるようになるのです。他の人より、ワンランク上のページを作るためのコツといえるでしょう。

ホームページ作成では、まずホームページの企画を行います。企画を終えるとデザインなどの設計をし、そして実際にコーディングしていくという流れになります。