LED照明は熱くなりにくいのがポイント

従来の照明は、どうしても熱を持ってしまっていました。そのため、インテリアとして使うのにも限度があったわけです。紙や布を近づけ過ぎると火災の心配もありましたから、照明をインテリアの中で上手く活かすことができなかったのです。しかし、LED照明が普及をして事情は変わりました。LED照明は、長時間点けっぱなしにしておいてもほとんど熱を持ちません。紙や布に近づけて使っても火災の心配がなくなるので、インテリアデザインの幅は広がりました。今までできなかった照明の使い方ができるようになったのです。

照明の厚みを抑えられるのも便利

LED照明は、従来の照明器具よりも薄型にすることができます。板状のライトというのは今まで作ることが難しかったのですが、LEDの登場によって簡単にできるようになりました。また、小型化も割と簡単にできます。こうした特徴も、インテリアの幅を広げるのに役立っています。壁にかけてポスターのように使っていくこともできますし、小型化をさせてオブジェの中に埋め込むこともできます。LED照明なら、様々な工夫を凝らすことができます。

寿命も長いので交換の手間がかからない

頻繁に交換をしなければならないと、インテリアとしても使いにくいです。他のものと組み合わせて使う場合には、交換が大きな手間になるからです。LED照明の寿命はかなり長く、普通に使うだけなら十年前後持ちます。これだけ長寿命なら、複雑なオブジェと組み合わせて使うこともできるでしょう。寿命が長いということも、工夫の幅を広げる一つの要因になっています。

ledパネルは上手に活用することで人目を惹きやすい宣伝が可能になります。パネル全体が明るく光る構造の物は周囲を暗くすることでより目立つので、配置場所を工夫するのが宣伝効果の向上に繋がります。