インターネット上に置かれているシステム

パソコンを利用するとき、ソフトをインストールしてから使います。以前ならショップで購入したソフトをインストールする必要がありましたが、最近はソフトをダウンロードしてインストールすればよくなっています。ただ、ソフトが古くなったり、不具合があればそれに応じてインストールのし直しが必要になります。会計ソフトは、会計制度の変化や税制の変化でシステムが変更されるので、比較的インストールのし直しなどが面倒なソフトでした。クラウド会計は、インターネット上にシステムが置かれています。インストールをして使うのではなく、毎月利用料を払って使います。インターネット上にあるので、インストールは必要なく、提供者が勝手に最新版にしてくれます。

データを社内に残さないのでセキュリティ性がある

社内には、機密情報などがたくさんあります。それをどう管理するかの問題が出てきています。サーバなどに保存をして管理をしますが、社内のだれもが見られる状態では困ります。また、トラブルが生じた時、サーバにアクセスできなくなって情報が見られなくなるのも困ります。会計ソフトでは、重要な情報を扱うので、社内でのセキュリティも厳重にする必要がありました。クラウド会計では、データをクラウド上に保存できます。データセンターなどセキュリティの高いところに保存されているので、社内にあるよりも安全に保管されているといえるでしょう。インターネット上にあるので、権限のある人のみがデータを見たり入力した利ができるようになっています。

クラウド会計とは、インターネットを使って会社の会計処理を行うシステムです。あらゆるデータは運営会社のサーバーで管理・保存されるので、会計ソフトを買う手間やパソコンにデータ保存する手間が省けます。