常にトレンドのデザインを追求する

ホームページのデザインにも流行り廃りがあります。あまりに古いデザインのままだと、中身を見てもらう前に訪問者が、去ってしまうことがあるかもしれまん。また、あまり詳しくない人が作っているのだろうと思われて、質を低く見積もられてしまうことがあります。
最近はどのようなデザインが主流なのか、常にアンテナを張ってチェックすることが大切です。大企業や有名企業は時代に合わせていることが多いので、そういった企業のサイトをいくつもみて参考にするのもいいでしょう。

見やすさや使い勝手を最優先に

凝った作りのサイトは訪問者を感心させることができますが、いくら凝っていても使い勝手が悪いと再訪が期待できなくなります。どこをクリックすればどのページに飛ぶのか、ページは重たくないか、文字は見やすいか、そういったことを意識して作ると読み手に優しいページとなります。ただしアーティストのサイトなどは、難解なほどファンを魅了するということもあります。それでも見てほしい情報に読者がすぐに行ける道筋は作っておきましょう。理想はどの情報にも1~2クリックまでで到達できることです。

情報はできるだけすっきりまとめる

デジタル画面で長い文章を読むのは疲れてしまいます。また、集中力も切れやすく、読み手に正しく情報を伝えられない場合があります。重要な文章以外を削り、できるだけ短くシンプルにすることで、訪問者にストレスを与えずに内容を伝えることができるのです。
文章の代わりに写真やイラストを使うことも効果的です。

レスポンシブデザインでは画面の幅やデバイスの種類に応じて、一つのソースコードで画面上での表示を変化させることができます。