誹謗中傷対策はまずは個人でしてみる

インターネットの掲示板に誹謗中傷が書かれていたら、まずは個人で対策をしてみましょう。掲示板にもよりますが、個人でメールを送っても、削除をしてくれる可能性はそれなりに高いです。ただ削除してほしいというメールを送るのではなく、しっかりと理由をつけることが重要です。誹謗中傷は放置しておくとミラーサイトなどにも掲載されてしまい、どんどん拡散していくことがあります。なるべく早い段階で削除を依頼を出すことが重要です。

専門家に依頼を時の費用

個人で削除依頼を出しても、掲示板によっては対応をしてくれないことがあります。そのような時には、専門家に依頼をする必要があるでしょう。専門家に依頼をした場合には、1つのサイトにつき1万円~4万円というように、サイトの数に応じて報酬が変わってくることが多いです。すでに個人で削除依頼を出していて、いくつかのサイトの書き込みは消えていた場合、報酬が節約できます。専門家によっては、10個以上のサイトをまとめて依頼をする場合には固定報酬6万円というように、まとめて依頼をするとお得になるプランを設定していることもあります。そのような場合には、最初から依頼をしてしまったほうが手間が節約できるでしょう。

損害賠償を請求したい場合

誹謗中傷の内容が悪質な場合には、書き込みをした相手を刑事告訴したり、損害賠償を請求したりすることもできます。書き込みが悪質であり、損害賠償を請求することも考えている場合には、早い段階で専門家に相談をしたほうが良いです。裁判をするには証拠も必要になりますが、対応が遅れるほど証拠が消えてしまう可能性が高くなります。

ネットなどの誹謗中傷対策は、警視庁サイバー犯罪対策課や、誹謗中傷の対策業者などに早めに相談することが一番です。